お知らせ
ホーム 新年のご挨拶

新年のご挨拶

植山所長

新年を迎え、みなさまいかがお過ごしでしょうか。昨年の当診療所は、地域でニーズの高まっている在宅医療・在宅歯科医療の強化にとりくみ、ケアセンターさきたまや他の病院との連携で、住み慣れたお家でできるだけ長く暮らし続けられるサービスを提供できるよう努力してまいりました。
 また、初めての試みとして、行田市より委託を受け「通所型サービスC 元気あっぷ教室」を開始しました。これは地域の高齢者の皆さんが、要介護状態にならないよう、週1回程度診療所に通っていただき、リハビリスタッフや栄養士・歯科衛生士などの指導をうけ、楽しく体操やゲームに取り組みながら、健康寿命を延ばす生活習慣を身につけていただく教室です。元気な高齢者が地域でたくさん活躍していただけるようなお手伝いになればと思っています。
 2018年もこれらのサービスを継続・さらに強化して、安心して暮らせる地域づくりに貢献していきたいと考えております。今年も行田協立診療所をどうかよろしくお願いいたします。

行田協立診療所 所長
植山 直人

植山所長

理事として組合員の皆様の声や要望を出来る限り活動に反映したいと思いながらも、皆様の期待に十分応えられずに3年目を迎えました。日々、組合員の皆様と活動を共にしながら感じるのはお互いに汗を流して喜んだり、励まし合ったり、時には意見をぶつけ合ったりしながらも少なからず信頼を築けてきたことです。それが私の人生を豊かにしてくれていること、医療生協に関わることが今では私の大切な時間のひとつになっています。
 くしくもウルグアイの前大統領のホセ・ムヒカさんはこう言っています。「物やお金を貯める代わりに生きるために時間を使うことだ」と、この一年も皆さんと共にいい時間を過ごして行きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

利根北地区 理事
高橋 順子