行田協立診療所は1953年に開設し、広島の被爆医師である故肥田舜太郎先生が初代所長でした。その後、1978年に行田協立病院を設立。当時は数少ない有床病院として行田市の地域医療を支えてきました。

“おいしく食べ続けることが健康への第一歩”との考えから2001年に歯科を併設する診療所となりました。

2006年にケアセンターさきたまを診療所内に併設し、訪問介護、訪問看護、居宅支援、定期巡回の介護サービスを提供しています。医科・歯科・介護の連携で“その方が住み慣れた場所でくらし続けること”を支えています。

行田協立診療所は2021年4月敷地内の移転新築工事を完了し、新たに通所リハビリと小規模多機能型居宅介護の介護サービスを開始しています。

また、敷地内に地域のどなたでもご利用頂ける地域交流スペースを擁する「地域交流棟オシノテラス」を設けました。オシノテラスには、行田市から認可された「地域包括支援センターほんまる」の事務所もあります。オシノテラスをまちづくりの拠点として、学校や行政・ボランティアや自治会等の団体と連携した活動を進めています。

行田協立診療所
名称医療生協さいたま生活協同組合  行田協立診療所
所在地〒361-0052  埼玉県行田市本丸18-3
連絡先TEL:048-556-4581(代表)    FAX:048-556-8677
所長井上 豪
診療科目内科、歯科、健康診断、通所リハビリ
診療時間■内科
【午前】  8時30分~12時00分(月~土曜日)
【午後】17時00分~19時00分(火曜日)
※受付は診療時間の30分前まで

■歯科
【午前】  8時30分~12時00分(月~土曜日)
【午後】13時00分~16時30分(月・火・水・金曜日)
    13時00分~16時00分(木曜日)
【夜間】17時00分~19時30分(木曜日)
※受付は診療時間の30分前まで
訪問診療内科・歯科ともに随時行っております。
詳細はお問合せ下さい。
048-556-4581  担当 看護師または衛生士
休診日■内科・歯科
日曜・祝祭日、第2土曜日(歯科は第2、第4土曜日も休診)、年末年始

■通所リハビリ
土曜日、日曜日
URLhttps://www.gyouda-clinic.coop/